Report

鉄道事業者取組レポート

通勤で利用している鉄道事業者が、快適通勤に向けてどんな取組をしているかご存知ですか?
とってもお得な取組もあるので、ぜひチェックしてみてください。

小田急電鉄株式会社

  • BRAND NEW ODAKYU
  • 複々線完成によるダイヤの4つのポイント
  • 通勤スタイルを理想的に変えるヒント
  • 路線別で見る小田急の「快適」「便利」
  • 鉄道だけでなく”まち”も進化する小田急
  • 複々線事業とは
  • 詳細はこちらをご覧ください。

京浜急行電鉄株式会社

  • 混雑率の低い普通列車での通勤を促し、特急列車等の混雑緩和を図る「KQスタんぽ」アプリを配信開始(平日上りラッシュ時間帯に普通列車利用でポイント付与)
  • 京急線アプリ」では、駅改札周辺や列車の混雑状況確認機能のほか、通常の乗換案内に加え、急行と普通列車のみの乗換検索機能を搭載
詳しくは快適通勤に関する取組(PDF)へ

首都圏新都市鉄道株式会社

  • 朝ラッシュ時の混雑状況をHP等で提供する「混雑の見える化」を実施
  • 輸送力増強のため、2019年度中に全車両のロングシート化を実施
  • 新型車両TX-3000系を5編成導入し、朝ラッシュ時間帯の運行本数を1時間当たり22本から25本へ増強するダイヤ改正を2020年3月に実施。
  • 抜本的な混雑緩和対策として、1編成の車両を6両から8両に増強する8両編成化事業に着手し、2030年代にサービス開始を予定。

株式会社ゆりかもめ

  • 一部クロスシートの7200系車両の置き換えとして、平成30年11月から順次、全てロングシートの新型車両7500系を導入し、輸送力を増強
  • 駅構内へのポスター等を掲出
  • 朝ラッシュ時の「混雑状況の見える化」を実施

東京モノレール株式会社

  • 駅構内等へポスター・リーフレット掲出