Report

鉄道事業者取組レポート

通勤で利用している鉄道事業者が、快適通勤に向けてどんな取組をしているかご存知ですか?
とってもお得な取組もあるので、ぜひチェックしてみてください。

東武鉄道株式会社

  • 通勤時間帯における座席指定列車の運行
    東武線・東京メトロ日比谷線相互直通の座席指定列車「THライナー」をはじめ、TJライナー、スカイツリーライナー、アーバンパークライナー等を運行
  • 混雑状況の見える化
    朝のラッシュ時間帯における駅の混雑状況を当社HPに掲出
詳しくは快適通勤に関する取組(PDF)へ

西武鉄道株式会社

  • HP上で朝間時間帯の混雑状況を掲載
  • 快適性・利便性向上を企図し、新型特急車両「Laview」などを導入した特急電車を運行、および平日に東京メトロ有楽町線方面に直通する「S-TRAIN」、西武新宿駅~拝島駅を結ぶ「拝島ライナー」の運行による通勤時間帯の着座サービスを提供

京成電鉄株式会社

詳しくは快適通勤に関する取組(PDF)へ

京王電鉄株式会社

  • 夕間時間帯の時差通勤を促進する新宿発京王八王子行・橋本行の臨時座席指定列車「京王ライナー 時差Biz号」を運行
  • 京王チケットレスサービスの優先予約サービス登録のお客様が「京王ライナー 時差Biz号」利用で半額相当分のポイントを進呈
  • 時差通勤でポイントが貯まる「楽・得・京王ライナーキャンペーン」を実施
詳しくは快適通勤に関する取組(PDF)へ

小田急電鉄株式会社

  • CHECK it ODAKYU
    Check!01 快適な輸送サービス
  • Check Point01 所要時間
  • Check Point02 混雑率
  • Check Point03 都心直通
  • Check Point04 着席通勤
  • Check Point05 遅延減少 など
  • 詳細はこちらをご覧ください。

京浜急行電鉄株式会社

  • 混雑率の低い普通列車での通勤を促し、特急列車等の混雑緩和を図る「KQスタんぽ」アプリを配信開始(平日上りラッシュ時間帯に普通列車利用でポイント付与)
  • 京急線アプリ」では、駅改札周辺や列車の混雑状況確認機能のほか、通常の乗換案内に加え、急行と普通列車のみの乗換検索機能を搭載
詳しくは快適通勤に関する取組(PDF)へ

東京地下鉄株式会社

首都圏新都市鉄道株式会社

  • 朝ラッシュ時の混雑状況をHP等で「混雑の見える化」を実施
  • 新型車両TX-3000系を5編成導入し、朝ラッシュ時間帯の運行を1時間22本から25本へ増強(ダイヤ改正2020年3月)。
  • 抜本的な対策として、1編成の車両を6両から8両に増強する8両編成化事業に着手し、2030年代にサービス開始予定。

東京臨海高速鉄道株式会社

  • 「混雑状況の見える化」の実施

株式会社ゆりかもめ

  • 一部クロスシートの7200系車両の置き換えとして、平成30年11月から順次、全てロングシートの新型車両7500系を導入し、輸送力を増強
  • 駅構内へのポスター等を掲出
  • 朝ラッシュ時の「混雑状況の見える化」を実施
  • 新型コロナウイルス感染症対策として、混雑状況をHPに掲示

東京モノレール株式会社

  • 駅構内等へポスター掲出

東京都交通局