Mail magazine

時差Bizメールマガジン

時差Biz参加企業に定期的にお送りしているメールマガジンのバックナンバーです。

【vol.9】
11月はテレワーク月間です!

発行日:2020年11月2日(月)

■□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□■

今号の目次  
1 サテライトオフィス利用キャンペーンのご案内
2 多様な特徴・機能を持つサテライトオフィスを活用した働き方改革のモデル実証を行います!
3 宿泊施設テレワーク利用促進事業補助金の受付開始

■□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□■


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1 サテライトオフィス利用キャンペーンのご案内

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京都は、令和2年9月に「テレワーク東京ルール」の普及推進に
官民一体で取り組んでいくため、公労使による「新しい東京」実現会議において、
共同宣言を行いました。
11月のテレワーク月間を活用し、テレワークの普及・定着に向け、
官民一体で「テレワークデー」や「テレワークウィーク」などの取組を
進めていただくことといたしました。
また、都においては、民間のサテライトオフィス施設等と連携したキャンペーンの実施や、
テレワーク求人企業とテレワークを希望する求職者とのマッチングイベントの開催など、
多様な取組を展開してまいります。

<サテライトオフィス利用キャンペーン詳細>
■キャンペーン期間
令和2年11月2日(月)~11月30日(月)
■取組内容
【東京都】
○交通広告等により、サテライトオフィス活用のメリット等の情報を発信
○「TOKYOテレワークアプリ」にて、キャンペーン参加施設やキャンペーン特典の内容を
 わかりやすく表示し、アプリ利用者へ向けて情報提供
【キャンペーン参加施設】
○施設利用者へキャンペーン特典を提供
 ・キャンペーン参加施設:516施設(10月20日現在)
 ・特典例:1日無料体験、クーポン提示でテレワークプラン20%OFFなど
▽詳細はこちら
https://tokyo-telework.jp/news/detail?id=167


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2 多様な特徴・機能を持つサテライトオフィスを活用した働き方改革のモデル実証を行います!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけとして、
在宅勤務が急激に進みましたが、今後もテレワークを定着するためには、
職場や自宅以外でも働ける場所として、
サテライトオフィスの活用により働き方の選択肢を拡大すること重要です。
そこで、都では、JR三鷹駅周辺において、
様々な特徴・機能を持つ複数のサテライトオフィスをモデルとして選定し、
ご自身のニーズに合わせてご利用いただくことで、
柔軟な働き方を実現するテレワークのモデル実証を期間限定で行います。
ぜひご利用ください。 

■施設設置場所
 JR三鷹駅周辺 ZXY(ジザイ)三鷹など5施設 ※今後、随時追加予定
■事業実施期間
 令和2年11月4日(水)~令和3年2月26日(金)
■営業時間
 利用施設により営業日・営業時間が異なります。
■利用対象
 都内在住または在勤で、企業等で働く方(個人事業主を含む)
■利用方法
 事前に事務局に企業登録を行い、施設の利用予約をした上での利用となります。
 ▽利用料
 無料(ご利用は、1人あたり10回まで) 
 ▽問い合わせ先
 多様な特徴・機能を持つサテライトオフィスを活用した働き方改革モデル実証事務局
 【TEL】03-6823-6430 

▽詳細はこちら
https://telework-project.jp


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3 宿泊施設テレワーク利用促進事業補助金の受付開始

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京都では、宿泊施設をテレワーク利用する際の経費や都内宿泊施設が
テレワーク利用に対応するための環境整備に係る経費を支援する
「宿泊施設テレワーク利用促進事業補助金」の募集をしております。
「新しい日常」における働き方改革の推進に向けて、ぜひご活用ください。(要事前申請)

■補助対象
 都内事業者がテレワークを行うために都内宿泊施設の借上げに要する経費
 ※宿泊を伴わない1日1室当たり5,000円以下のデイユースプランの利用に限ります。
■対象期間
 交付決定日以降~令和3年1月31日まで
■補助額
  1日1室あたり3,000円、1か月当たり100万円を各上限とします。(利用期間は最大3か月)
 ※申請事業者は1日1室当たり最低1,000円を自己負担していただきます。
■申込方法・期限
 ホームページに掲載の「募集要領」の内容を確認のうえ、申請書類を作成し、
 「簡易書留」により郵送またはご持参ください。【令和2年12月28日(月)必着】
 ▽募集要領・申請用紙はこちら
 https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/tourism/kakusyu/telework/index.html
 ▽申請書提出・問い合わせ
 東京都 産業労働局 観光部 受入環境課 受入環境調整担当
 【住所】〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎19階
 【電話】03-5320-4881(平日9:00~17:00)

※宿泊施設の皆様へ※
 都内宿泊施設がテレワーク利用に対応するために行う施設整備に要する経費を補助する「テレワーク環境整備支援事業」の募集も実施しています。詳細は上記ホームページよりご確認ください。