Mail magazine

時差Bizメールマガジン

時差Biz参加企業に定期的にお送りしているメールマガジンのバックナンバーです。

【Vol.11】
『スムーズビズ推進期間結果公表イベント』お申込受付中!

発行日:2019年11月22日(金)

■□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□■

今号の目次
1.【特集】 スムーズビズ推進期間結果公表イベントレポート≪速報版≫
2.【お知らせ1】アクションプラン更新版について
3.【お知らせ2】公式ホームページ コンテンツ紹介 「私と時差Biz」

■□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□■


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1.【特集】 スムーズビズ推進期間結果公表イベントレポート≪速報版≫

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

イベント冒頭の小池知事のビデオメッセージでは、スムーズビズ推進期間中の
道路や鉄道の交通量が減少したことや、多くの企業や働く皆様に、
テレワークやオフピーク通勤などの多様な働き方を実践してもらうための
『冬のスムーズビズ実践期間』(2020年1/14(火)〜1/31(金))などについて
紹介がありました。
続いて、東京都のスムーズビズ推進期間結果報告では、企業・団体の皆様
による、人の流れ、モノの流れ、普及啓発・支援に寄与する取組などについて
紹介がありました。
また、期間中の都の取組結果や、鉄道・道路の交通量の増減、今後の皆様の
取組意向についてまとめたアンケートなどについて報告がありました。
スムーズビズ推進大賞選定委員会委員長を務められた
株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役 小室淑恵氏からは
「なぜスムーズビズで生産性が上がるのか」として、
・日本は働く人よりも支えられる人が多くなる「人口オーナス期」に入った
・これまでのように皆が一斉に長時間働く社会から、性別や年代、労働時間など
多様な条件を持つ人が効率よく働く社会に変えていくことが、これからの
経済発展の鍵
・解決策の1つに、テレワークや時差出勤など新しい働き方へのチャレンジがある
といった基調講演をいただきました。
その後、「スムーズビズ推進大賞」受賞企業への表彰が行われ、
第一部は閉幕しました。
第二部では、「スムーズビズ推進大賞」受賞企業18社による取組について
紹介していただきました。

▼イベントレポート≪速報版≫はこちら!
受賞企業の取組などをご覧いただけます。
https://smooth-biz.metro.tokyo.lg.jp/event191118.html


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2.【お知らせ1】アクションプラン更新版について

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今夏の試行を踏まえ、東京2020大会期間中の交通混雑緩和に向けた
「都庁2020アクションプラン」を更新しました。
各取組項目のstep3(取組推進の責任者/部署/実施の推進方法/確認方法)
について、物品契約等の仕様書に大会時の納品を控える旨を明記することや、
テレワークや時差出勤等の活用促進に向けて、各部署で職員へ積極的に周知
を行うなど、大会時に着実に取組を進められるように、具体的な推進策等
を取りまとめました。
企業・団体の皆様も、ぜひ参考にしてください。

※詳細はこちら↓
https://2020tdm.tokyo/action

・時差出勤者へのポイント・クーポン付与
・サテライトオフィス利用者へのノベルティグッズ配布 等

※参考:夏のスムーズビズ推進期間における応援キャンペーン事例



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3.【お知らせ2】 公式ホームページ コンテンツ紹介 「私と時差Biz」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

公式ホームページコンテンツ「私と時差Biz」では、勤務先・働き方・家族構成など、
様々なバックボーンをお持ちの皆様による『時差Biz参加体験』をご紹介しています。
ご自身に近い環境の方が、どのように時差Bizを実施しているのか、チェックしてみませんか?

・。*・。*・。*・。*・・。*・。*・。*・。*・

【事例】朝型勤務とフレックスタイム制で時差Biz
(学術研究,専門・技術サービス業勤務/30代/単身) 

・。*・。*・。*・。*・・。*・。*・。*・。*・

朝の静かな時間に集中して業務を進め、退社後には部下と交流を深める時間を
つくりながら効率的に働いているという関さん。自ら率先して時差Bizを活用し、
部下に権限移譲することで、チーム全体の雰囲気もとても良くなったといいます。

◆これから時差Bizに参加する方に◆
「朝型勤務のコツは、継続していくことです。特定の日だけ朝早く、というのは
身体の負担にもなるように思います。最初はつらいですが、慣れてきますので、
毎日続けることが成功の大きなポイントですね」

▼関さんのエピソードはこちら!
https://jisa-biz.metro.tokyo.lg.jp/myexperience/myexperience14.html


・。*・。*・。*・。*・・。*・。*・。*・。*・

【事例】 テレワークとフレックスタイム制で時差Biz (製造業勤務/50代/3人家族)

・。*・。*・。*・。*・・。*・。*・。*・。*・

部下とともに時差出勤やテレワークを活用しながら、通勤時間を仕事のアイディア
に役立てているという斎藤さん。各種制度を活用することで仕事と子育てを両立し、
管理職として、部下とともに仕事の効率化を図っています。

◆これから時差Bizに参加する方に◆
「管理職こそ、率先してこれらの働き方改革に取り組むべきだと思います。
気持ちに余裕があると仕事と生活のバランスが良い循環に結びついていきます。
仕事もプライベートも変化を楽しむ気持ちが大切ですね」

▼斎藤さんのエピソードはこちら!
https://jisa-biz.metro.tokyo.lg.jp/myexperience/myexperience15.html


・。*・。*・。*・。*・・。*・。*・。*・。*・

【事例】 フレックスタイム制とテレワークで時差Biz(卸売業,小売業勤務勤務/30代/5人家族)

・。*・。*・。*・。*・・。*・。*・。*・。*・

3人目のお子さんの育休明け時に、上司からフルタイムでの復職を勧められた
という伊藤さん。勤務先で、フレックスタイム制やテレワークなどの働き方が
浸透・定着していたからからこそ、フルタイム勤務を実現できたのだそうです。

◆これから時差Bizに参加する方に◆
「ワーキングママの職場復帰は、上司やメンバーと細部までお互い納得するまで
話をするという、事前の準備が大切だと思います。また会社だけでなく、
家族とも話し合って夫や子供から協力してもらうことも不可欠ですね」

▼伊藤さんのエピソードはこちら!
https://jisa-biz.metro.tokyo.lg.jp/myexperience/myexperience16.html


◆◇事務局便り◇◆ ------------------------------------------------------------

「スムーズビズ推進大賞」受賞企業は、企業規模や業種も様々な18社です。
各社の創意工夫がなされた取組紹介に、真剣に聞き入る来場者の姿が
印象的でした。
今後、受賞企業へのインタビューなどを行い、スムーズビズ公式ホームページに
公開していく予定ですので、是非ご覧ください。


時差BizメールマガジンVol.11を
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!